HIV検査でシャットアウト┃エイズウィルスから細胞を守る対策

悩み

検査について

医者

HIV検査は全国の保健所で無料、匿名で受けられます。プライバシーも保護されるので、検査を受けること自体に不安はないでしょう。また、自宅でもできる検査キットも一部の事業者が販売しているようです。

詳しくはコチラ

即効性の効果

女性

クラミジア感染を改善できるジスロマックは、若い女性や男性に使われている抗菌薬になります。これらは、短期間で効果を発揮できるという特徴をもっているので、とても人気がある薬です。

詳しくはコチラ

拡散しないように

悩み

HIVとAIDSはいっしょくたに、混同されて使われることもありますが、これは別物です。HIVは、ヒト免疫不全ウィルスというウィルスで、Tリンパ球やマクロファージといった人の体を様々なウィルスから守る細胞を破壊していくものです。このHIVウィルスは何らかの感染によって、人間の体内に入り込むのですが、HIVが体内の中で発症した状態が、AIDSといわれる病気になります。AIDSは別名、死の病といわれるぐらいに治療法が確立していなくて、致死率の高い病気です。

HIVの感染経路としては、輸血などの血液感染、または性交渉による感染が有名です。血液感染では、血友病という病気になり、日本でも昔、有名な医療事故がありました。その他、赤ちゃんが胎児で母親のお腹の中に入っているときに、母親から感染してしまう、ということもあります。死に至る、ということでHIVと聞くだけで過剰に人には反応されがちなのですが、唾液や涙、尿、息などから感染することはなく、また、傷口のない皮膚から感染することもありません。HIVが性交渉から感染する、ということでも、それは精液や膣分泌液から感染するのであって、コンドームを使って適切にそれらをシャットアウトしていれば、心配はいりません。
しかし、残念ながら、HIV感染者は日本でも増加の一途をたどっています。東南アジアなどでうつされてくる男性も、減りはしない現状があります。自分がHIVであるかもしれないという疑いのある場合、むやみに性交渉などでそれを拡散してしまうのは、とても危険な行為です。疑いがあれば、必ず早めにHIV検査を受けましょう。

抗生物質を常備

男性

気を付けていても予期せず人からもらってしまうことがあるのが性病ですが、病院へ薬を貰いに行くのは少し勇気がいるものです。クラビットは通販サイトでも購入できますが、安全性を考慮して病院での処方を受けることも大切です。

詳しくはコチラ